Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

QMLを直接弄ってUIを追加してみる。

なんらアクションは埋め込んでませんが、
コーディングだけでも一応UIを作成できるようです。

実際のところ

myapp.qmlを以下のような感じで記述。
ネタはApplicationWindow内に入れるようですね。

import QtQuick 2.9
import QtQuick.Controls 2.2

ApplicationWindow {
    visible: true
    width: 640
    height: 480
    title: qsTr("Scroll")


    Rectangle {
        color: "lightgray"
        width: 100
        height: 200

        anchors.horizontalCenter: parent.horizontalCenter

        property int animatedValue: 0
        SequentialAnimation on animatedValue {
            loops: Animation.Infinite
            PropertyAnimation { to: 150; duration: 10000 }
            PropertyAnimation { to: 0; duration: 10000 }
        }

        Text {
            anchors.centerIn: parent
            text: parent.animatedValue
        }
    }



    ScrollView {
        anchors.fill: parent

        Dial {
        }

        Button {
            id: fileButton
            text: "Menu"
            onClicked: menu.open()
            anchors.horizontalCenter: parent.horizontalCenter


            Menu {
                id: menu
                y: fileButton.height

                MenuItem {
                    text: "New..."
                }
                MenuItem {
                    text: "Open..."
                }
                MenuItem {
                    text: "Save"
                }
            }
        }
    }
}

レンダーするとこうなります。
分かり辛いですが、四角の中の数字は1~149をいったりきたりしてます
順繰りに並べてくれるわけでもないようですね。
Itemみたいな感じで囲わないといけないのかも。
f:id:shuzo_kino:20180323235248p:plain
Menuの方は、こんな感じで展開します。
f:id:shuzo_kino:20180323235258p:plain