Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

表計算ソフトで元利均等返済の計算をする

元利均等返済はその名の通り毎回の支払いが均等な方式です
今回は、それを表計算ソフトで計算する方法について

実際のところ

利息3%を12回払いとした場合の、一回あたりの支払い額は以下の式

=-PMT(0.03/12, 12, 1000000)

元金はPPMT関数

=PPMT(0.03/12, A6, 12, 1000000)

利息はIPMT関数

=IPMT(0.03/12, A6, 12, 1000000)