Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Google Apps Scriptの文字列フォーマット系関数

Google Apps Scriptにも文字列フォーマットの関数が用意されています。

実際の所

文字列を成型する場合はfomatString関数です。
構文はおなじみのsprintf。
Utilitiesの関数のため、書き方文字列自体は長くなってしまいますが……。

  //同じ意味
  var filename = nowDate + "." + doctype

  var filename = Utilities.formatString("%s.%s",nowDate,doctype);
  //同じ意味
  var fetchUrl = "https://docs.google.com/a/" + YOURDOMAIN + "/document/export?format=docx&id=" + docid;

  var fetchUrl = Utilities.formatString("https://docs.google.com/a/%s/document/export?format=docx&id=%s", YOURDOMAIN, docid); 


時刻用のformatDate関数というのもあります。
記法はJavasimpleDateFormatにならっています。

  var nowDate = Utilities.formatDate(new Date(), 'JST', 'yyyyMMdd');