Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

GAS WEBアプリにて、テンプレートを用いてデータを流し込む

GAS WEBアプリにて、テンプレートを用いてデータを流し込む方法です。
これでG suiteのアプリデータと連動したり、表示するデータを予め生成できたりします。

実際のところ

function doGet() {
  var template = HtmlService.createTemplateFromFile('hello.html');
  return template.evaluate().setSandboxMode(HtmlService.SandboxMode.IFRAME);
}

function getData(){
  return ['I', 'My', 'Me', 'Mine']
}

HTMLの方はerbめいたインライン型を採用しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <base target="_top">
  </head>
  <body>
    <?= 'Yeah:' ?>
    <? var data = getData();
      for (var i = 0; i < data.length; i++) { ?>
        <b><?= data[i] ?></b>
    <? } ?>
  </body>
</html>

無事アップロードされると、以下のようなのが出るはず。
f:id:shuzo_kino:20180806230208p:plain