Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Ubuntu18上でmbed開発 その2:ボードに導入

shuzo-kino.hateblo.jp
の続き。

バイナリをゲット

コンパイルをおすと、
f:id:shuzo_kino:20181015235654p:plain
設定に合わせてコンパイルされ……
f:id:shuzo_kino:20181015235805p:plain
おわると、binが自動ダウンロードされます。
以降、これのファイル名をYOUR_BINFILEとしておきます。

ボードの用意

繋ぎ方はこんな塩梅。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shuzo_kino/20180328/20180328231241.jpg
詳細はこちら

ツールの導入

今回は横着してArduino_STM32のツールを転用します。
まだの人は以下のコマンドにて導入しておいてください。

$ git clone https://github.com/rogerclarkmelbourne/Arduino_STM32.git

今回はUbuntu18なのでLinux系のツールへ移動。

$ cd YOUR_Arduino_STM32_DOWNLOAD_DIR
$ cd Arduino_STM32-master/tools/linux/stm32flash

では、YOUR_BINFILEを入れて行きましょう。
USBシリアルのポートがhttps://github.com/ARMinARM/stm32flash

$ ./stm32flash -w YOUR_BINFILE -v -g 0x0 YOUR_PORT_ID

参考もと

qiita.com

予備情報

Arduino-ST32経由でなく、ちゃんとツール入れたいひとはこちらから。
sourceforge.net