Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

write関数で所定の長さのデータを書き込む

エラー対策もブン投げた最小構成は以下のような感じ。
ただし、ファイルはちゃんと閉じましょう。

#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <unistd.h> 

int main(void) {
  int fd;
  char buf[256] = "1,2,3\n4,5,6\n7,8,9\n";
  ssize_t ret;
  
  fd = open("./data.log", O_CREAT|O_RDWR|O_TRUNC);
  ret = write(fd, buf, sizeof(buf));
  close(fd);
  return 0;
}

今回対象だったファイルをひらくと、以下のように。

$ cat data.log 
1,2,3
4,5,6
7,8,9