Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

RaspiでRS-485を使うならUSB変換器を使うとスマート

RS-485はPLCのような産業機器なんかでよく使われる通信規格です。

これをRaspiで使うならUSB変換器を使うと楽に実装できます。

実際のところ

USBポート越しならシリアル通信と同じように扱えます。

例えば、こんな感じ。

$ echo -en "YOURPACCKET" > /dev/ttyUSB0

この方式なら直交性を意識した実装ならシェルスクリプトpythonrs232c通信系の多くを転用できるので開発リソース上も優しいです。