Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

つよつよIoTボードobnizがヤバい その3:UARTで通信

軽いボード間の通信なら、UART。
今回はそのUARTをobnizで扱う方法について。

実際のところ

初期設定

デフォの通信レートは公式から情報を拝借すると……

電気的には

  • 5v push-pull drive
  • 内部プルアップなし

初期化、送信、終了

obniz.uart0.start({tx: 1, rx: 2, baud:9600, bits:7 });

obniz.uart0.send("Hi"); //文字列も
obniz.uart0.send([0x11, 0x45, 0x44]); //バイナリの配列も

obniz.uart0.end(); //お片づけ

受信

受信をテキストとして読むには、こんな風に

while(1){
    if(obniz.uart0.isDataExists()){
        console.log(obniz.uart0.readText());
    }
    await obniz.wait(10);   //10msまつ
}

バイナリとしてとるには

while(1){
    if(obniz.uart0.isDataExists()){
        console.log(obniz.uart0.readBytes());
    }
    await obniz.wait(10);  //10msまつ
}

参考もと

obniz.io