Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

uLispでUTF-8な文字を扱う

やってきたUTF-8な文字を取り扱います。

実際のところ

文字に変換

1213> (code-char 41)
#\)

1213>  (code-char 42)
#\*

1213>  (code-char #x41)
#\A

数値からUTF-8

1213> (char-code #\A)
65

制御文字の置き換えも可能。
使える文字は

Null, SOH, STX, ETX, EOT, ENQ, ACK, Bell, Backspace, Tab, Newline, VT, Page, Return, SO, SI,
DLE, DC1, DC2, DC3, DC4, NAK, SYN, ETB, CAN, EM, SUB, Escape, FS, GS, RS, US, Space

1213>  (char-code #\return)
13

1213>  (char-code #\tab)
9

1213>  (char-code #\TAB)
9

デフォのArduinoで使えないような文字はダメです。

1213> (print #\あ)
Error: Unknown character