Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Ubuntu18 に Python上で動く魔界LISP "Hy"の環境をつくる

HyPython上に実装されたLISP方言です。
Pythonのライブラリを活かしながら、LISP的な記述ができる強みがあります。

今回はこのHy言語をUbuntu18LTSの上に構築してみます。

実際のところ

Python上で動いているので、当然Pythonの環境は必要です。
今回はPython3の上に構築しました。

導入

導入はほかのライブラリと同様pipでいけますが、標準のロード先にはないためgithubリポジトリから導入します。

$ pip3 install git+https://github.com/hylang/hy.git

使いかた基礎

$ hy
hy 0.17.0 using CPython(default) 3.7.3 on Linux
=> (+ 1 2)
3
=> (print 'hello)
hello
=> (defn say [hello] (print hello))
=> (say 123)
123
=>