Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

arduino-xmodemで簡易的にArduinoと端末間のファイル送受信をする その1:環境の構築

arduino みたいな非力なボードにあるログデータを引っ張り出すのは一苦労です。
scp載せるわけにもいかないし。
そんな時にxmodemプロトコル
昔ながらの規格ですが、その分非力なモンでも動きます。
さらにteratermからも送受信できるので、古臭い環境との連動もバッチリです。
昔ながらのゴリゴリのミッションクリティカル系デバイスのファイル転送に使われてたり、
意外なトコではSony製の低電力高性能SBCSPRESENSEの転送にも使われていたりします。

実際のところ

偉大なるエコシステム様様で、ArduinoにはXmodemのライブラリが存在しています。
これとRasPiのシリアルで繋いでファイルを転送する環境を作ってみます。

いくつかライブラリがあったのですが、今回は比較的更新が新しいpeter.turczak氏のものをお借りします。

$ wget http://peter.turczak.de/XModem.zip
$ unzip xmodem.zip
$ sudo mkdir /opt/arduino/libraries/xmodem
$ sudo cp -r  ./xmodem  /opt/arduino/libraries/

参考もと

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_aix_72/x_commands/xmodem.html


GitHub - mgk/arduino-xmodem: Automatically exported from code.google.com/p/arduino-xmodem
Arduino - PukiWiki