2015-01-06から1日間の記事一覧

git diffをpatchで扱える形式にする

Git

Git diff もpatchコマンドで扱う形式に変換できます。通常のgit diffと併せて、"–no-prefix"のオプションを使います。 このオプションは ”--no-prefix” Do not show any source or destination prefix. とあるように、ファイル名のような情報を表示しないオ…