git diffをpatchで扱える形式にする

Git diff もpatchコマンドで扱う形式に変換できます。

通常のgit diffと併せて、"–no-prefix"のオプションを使います。
このオプションは

 ”--no-prefix”
Do not show any source or destination prefix.

とあるように、ファイル名のような情報を表示しないオプションです。

$ git diff --no-prefix > patchfile.diff

パッチファイルを適用するには、p0オプション(ディレクトリの差がない)をつけて

$ patch -p0 < patchfile.diff

とやってあげれば良いです。