sumif関数で否定条件を扱いたい場合は「<>」とする

sumif関数で否定条件を扱いたい場合は「<>」とします。

実際のところ

例えば、Google Spread Sheetで
「別ページ(フォームの回答 1)」にある「F列で"済"」がついていない「D列の合計」を出力したい場合は

=sumif('フォームの回答 1'!$F:$F,"<>済", 'フォームの回答 1'!$D:$D)

とします。