GitのコミットID(?)が長くてやってられない場合、"--abbrev-commit"をつけると短くできる

GitのコミットID(?)が長くてやってられない場合、"--abbrev-commit"をつけると短くできます。

実際のところ

$ git log --abbrev-commit --pretty=oneline
ca82a6d changed the version number
085bb3b removed unnecessary test code
a11bef0 first commit

普通のコミットID自体は普段のやつより半分以下の短さです。
が、これでもgit diff何かでは使えます

$ git diff --name-status ca82a6d