Cyclesレンダー環境でモデルの輪郭線を出す

CyclesレンダーはBlender2.6系から導入された比較的新しめなレンダーオプションです。
ノード機能をつかって細かく設定できる反面、標準のBlenderレンダーで出来た事を再現しようとすると、少し手間取ったりします。

今回はCyclesレンダー環境で輪郭線(Free Style機能)を使ってみます。

実際のところ

こんなモデルがあったとします。
f:id:shuzo_kino:20180225235442p:plain

カメラアイコンの「レンダー」タブにある"FreeStyle"をチェック
f:id:shuzo_kino:20180310210126p:plain

次にチラシの重ねおきみたいな「レンダーレイヤー」タブにある、
FreeStyleと、FreeStyleセット、FreeStyleラインセットアップがあることを確認。

次にFreeStyleセットのデフォ設定を消し、新規のラインセットを作成
f:id:shuzo_kino:20180311232528p:plain
FreeStyleラインセットについてはお好みで設定
ためすだけならデフォでいいでしょう
f:id:shuzo_kino:20180310210202p:plain

この状態で、レンダーします。
「Shift + Z」の仮レンダーだと結果が出ない(出ても時間がかかる)です。
気長に待つと、デフォ設定ならこんな感じに出てくれます。
f:id:shuzo_kino:20180225235446p:plain