シェルスクリプト経由で特別なライブラリなしにRaspbianのGPIOを有効/無効にする

単にGPIO一個だけが使いたい、ionoPiだのwiringPiだの何だのの仰々しいライブラリは使いたく無い場合


GPIO18番を有効にするコマンドは以下の通り。

$ sudo echo 18 > /sys/class/gpio/export

これをやると、"/sys/class/gpio"にgpio18という仮装ファイルができます。
あとはこいつにechoなりprintfなりでパケットを送ってくわけですね。

お行儀よく無効にするには、今度はunexportに書き込み

$ sudo echo 18 > /sys/class/gpio/unexport

参考もと

tool-lab.com