Octave/Matlabで返り値をもつ関数をつくる

やっとくOctaveを使い慣れてきたので……いままで書き捨て気味にやってた物の取りまとめをはじめました。
で、今更問題になったのが……Octaveは関数の返り値って……どうやるんだろう??

実際のところ

なんと……返り値は関数の頭にイコールでつなげて書く様子。
なんか数式的ではありますね。
LotYでプログラミング言語に触れて新しいパラダイムに触れていけって意味が分かった気がします。

function rerurn_a = yourFunction(value_a, value_b)
  return_a = value_a * value_b;
endfunction