Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

irbの入出力履歴を確認する

irbでも入出力履歴を残す事が出来ます。

~/.irbrcに次のような文面を追加します*1

#~/.irbrc
IRB.conf[:SAVE_HISTORY] = 100
IRB.conf[:HISTORY_FILE] = "~/irb_hisotory.log"
IRB.conf[:EVAL_HISTORY] = 100

この状態でirbを起動し、適当に色々描いてみます。

$ irb --simple-prompt
>> p 123
123
=> 123
>> puts 'yes'
yes
=> nil
>> 1 + 2
=> 3
>> exit

とやった入力履歴は

$ cat ~/irb_hisotory.log 
p 123
puts 'yes'
1 + 2
exit

のように

出力履歴を見るには、次のようにします。

>> __
=> 1 123
2 nil
3 3

これだと見難いのでppと組み合わせます

>> require 'pp'
=> true
>> pp __
1 123
2 nil
3 3
4 ...self-history...
6 true
=> 1 123
2 nil
3 3
4 ...self-history...
6 true

ログ確認は...self-hisotry...として表示されるんですね


*1:なければ新造