Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

【備忘録】Raspberry Pi を DINレールに固定できるケースがタカチ から出ている

自分用メモ。

FA用途や野外構築のシステムを使うと出くわす事も多いDINレール。
電源やリレーもDINレールに固定されているのでそれならRasPiも固定したいのが人情というモンです。
そこで活躍するのが、みんな大好きタカチ電機工業様のRPD SERIES。
Raspberry Pi 専用 DINモジュールボックスという事で、DINレール固定用の
H53シリーズにRasPiのUSB等々外部ポートを開けたタイプみたいな外観をしています。*1

f:id:shuzo_kino:20200123132006p:plain
(タカチ 公式様より引用)

以前紹介したIono Piのケースは外部IOのスリットの追加工がある以外、おそらく同じモンですね。
shuzo-kino.hateblo.jp


ラインナップにはRasPi3B、執筆時点で最新版のRasPi4のもあります。
実売価格は2510円【税別】。

*1:高さが違いますが。

arduino-xmodemで簡易的にArduinoと端末間のファイル送受信をする その2:Arduino to Guest

#include <SD.h>
#include <XModem.h>
Xmodem xmodem(&Serial, ModeXmodem);

void setup()
{
  Serial.begin(115200);
  delay(1000); //待ち
  File file = SD.open("/1.log");
  xmodem.sendFile(file, "datalog.log");
}

void loop() {
}

【イベントログ】JAアクセラレータープログラム第2期説明会に行ってきました。

f:id:shuzo_kino:20200121181829p:plain

ja2020.01booster.com

会場は前回のJAビルから、大手町ビル*19階のAgVenture Labという拠点に。

*1:私事ですが、どういう訳かこのビルによく出入りするようになりました……

arduino-xmodemで簡易的にArduinoと端末間のファイル送受信をする その1:環境の構築

arduino みたいな非力なボードにあるログデータを引っ張り出すのは一苦労です。
scp載せるわけにもいかないし。
そんな時にxmodemプロトコル
昔ながらの規格ですが、その分非力なモンでも動きます。
さらにteratermからも送受信できるので、古臭い環境との連動もバッチリです。
昔ながらのゴリゴリのミッションクリティカル系デバイスのファイル転送に使われてたり、
意外なトコではSony製の低電力高性能SBCSPRESENSEの転送にも使われていたりします。

実際のところ

偉大なるエコシステム様様で、ArduinoにはXmodemのライブラリが存在しています。
これとRasPiのシリアルで繋いでファイルを転送する環境を作ってみます。

いくつかライブラリがあったのですが、今回は比較的更新が新しいpeter.turczak氏のものをお借りします。

$ wget http://peter.turczak.de/XModem.zip
$ unzip xmodem.zip
$ sudo mkdir /opt/arduino/libraries/xmodem
$ sudo cp -r  ./xmodem  /opt/arduino/libraries/

参考もと

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_aix_72/x_commands/xmodem.html


GitHub - mgk/arduino-xmodem: Automatically exported from code.google.com/p/arduino-xmodem
Arduino - PukiWiki

【読書メモ】農業と環境調査のためのリモートセンシング・GIS・GPS活用ガイド

農業方向の専門家が書いているだけあって、かなりガチめな内容です。

【読書メモ】建設テック革命

2025年には、いわゆる団塊の世代後期高齢者となり労働市場から卒業します。

どの業界でも大問題ですが、特に煽りを喰らう業界の一つが建設業です。
なんせ、勘と経験が幅をきかせている非言語型労働環境でありながら、その癖、週休2日もマトモに実施しきれていない地獄の労働集約産業でもあるのです。
主力が抜ければ崩壊必至の環境下で、お役所を巻き込んだスマート化の挑戦「i-construction 」の取り組みが進んでいます。

本書はその取り組みについて、業界紙の日経コンストラクション紙の記事を抜粋、増補したムック調のレポート本になります。

switch文では文字列や小数点の値は使えない

あまりに初歩的なポカミスで詰まったのでメモ……
switch構文での比較は整数あるいは文字が対象です。
文字列や小数点は使えません!!

実際のところ

var: a variable whose value to compare with various cases. Allowed data types: int, char.
label1, label2: constants. Allowed data types: int, char.

参考もと

Arduino Reference