Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

bash内の算術置換で16進数の数値をつかう

bashの組み込み変数をつかうと、算術置換の際に16進数を展開して使うことができます。
シリアル経由でHEX値がきて、それを受信して使いたい時なんかは有効ですね。

実際のところ

$ echo $((16#BC + 1))
189

HEX値を渡すことも可能。

$ echo $((0xA + 1))
11

どちらの場合も変数を先に展開できる……

$ value=CC

$ echo $((16#$value + 2))
206

$ echo $((0x$value + 2))
206

【読書メモ】近代人の誕生―フランス民衆社会と習俗の文明化

近代人の誕生―フランス民衆社会と習俗の文明化

近代人の誕生―フランス民衆社会と習俗の文明化

近代人とは何か……という、分かるようで分からないテーマについて、
その境目の時期にフランスで刊行された裁判記録やなどの生活史、法令などから解き明かしていこうという本です。
以前TLに流れてきた以下のツイートをみていつかは読もうと思っていたのですが……。


(ツイートのそのものはショーもない出羽守の放言ではありますが)

500pオーバーのゴリゴリな人文書なので、土日で気軽に読みこなせる量じゃありませんでした(唐突な自白)。
翻訳のうまさもあって、読書感そのものは重くはないのが救い。

ともかく「野蛮」こそが人間性だとされ王侯貴族も農民も同じ娯楽でゲラゲラ笑ったた中世から、
いかにして田舎者を分離しおハイソな価値観の「近代人」が生まれ、
宮廷から都市へ、都市から農村へとどのように普及していったか。
普及過程で必然的に生じる反発も含め、いわゆる「事件史的」な歴史書とは異なった
民衆視点を中心にいくつかの視点を踏まえてご紹介頂けます。


また末尾にある索引も充実しており、たとえば「狂人」なんてファンキーな項目まで網羅されています。

【読書メモ】 達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

  • 作者: アンドリューハント,デビッドトーマス,Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 42人 クリック: 1,099回
  • この商品を含むブログ (347件) を見る
表題通りの、プログラマー系読み物です。
元ネタがちょっとばかり古いので今では通用しない話も出てきますが、
最適化などのタイミングではバリバリ使いこなせるネタが結構乗っており一読の価値ありです。

載っているのは、責任範囲を分離する、メタプログラミングドメイン言語は使える局面は狙っていく、
チームはちゃんと作れ等々、いろんなプログラマー系読み物でよく語られる話題です。
ただそれぞれについて、経験豊富な著者の実体験が紐づいているのである種の追体験ができるのが本書のミソでしょうか。

新装版

しらんうちに新装版も出てたみたいです……。

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

【読書メモ】プロフェッショナルマネージャー

プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー

実際やってみるとわかりますが、経営という奴は理屈通りにはいかないシロモノです。
MBAの知識が実地でまるで役に立たない*1なんて話も、当のMBAホルダーの口から出る始末。

そんな経営について、実際の経験から泥臭いが実績の出る方法論を紹介してくれるのが本紙。
ユニクロ柳井社長がバイブルとして崇めている本です。

大元の英語版は1985年日本がブイブイいわせてた頃に刊行されました。
アメリカでは日本脅威論だの、日本式マネジメントを見習えだのと言われていた中です。
アメリカの世間ではその躍進は家族経営だの、終身雇用だの文化の違いだのに見出していたそうで。
今現在、中国を持て囃している現在と大して変わってないのが何とも……。
で、そういった状況に対し、著者は日本の躍進の理由は低い人件費と活発な設備投資にあることにあると指摘しています。

経営全般に対するスタンスもそういった感じで「実際の事実」「報告された事実」を分けて考えなさい等々、
とにかく状況を把握し続けることを推奨しています。

*1:そもそも、経営学"修士"がなんで持て囃されてるのかもよ〜わからんですが

bashでhistory番号をみる

historyコマンドの履歴をたどると前に実行したやつを再実行できたりします。
今回はその番号を見る方法です。

実際のところ

$ echo $HISTCMD
513

計算もできます。

$ expr $HISTCMD - 24
505

$ echo $(($HISTCMD+5))
542

コマンド置換(Command Substitution)内では新規に数字が作られる

$ echo `echo $HISTCMD`
1

前のコマンドを実行したいだけなら

$ echo 123
$ !-1
echo 123
123

参考もと

sh/bashコマンドの"-c"をつけると文字列を実行できる。

実際のところ

普通に文字列を渡す

$ bash -c "echo 12"
12

$ sh -c "echo 12"
12

ファイルから読んでみる

$ cat samplecode.txt 
echo 134

$ sh -c "`cat samplecode.txt`"
134

これは普通のshコマンドつなぎと結果は同じです。

$ sh < samplecode.txt
134

$ cat samplecode.txt | sh
134

VirtualBoxゲストOSのファイルをホストOSにSCPコマンドでうけとる

参考もと

ゲストOSはlocalhost:2222を開けているとします。
ゲストOSのホーム上にある"packet.txt"をホストOSの現在ディレクトリに移動する方法は以下の通り。

$ scp -P 2222 guest@localhost:~/packet.txt ./.
guest@localhost's password: 
packet.txt                               100%  529   675.3KB/s   00:00