Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

emacsのコマンドライン引数「-Q」は「-q --no-site-file --no-site-lisp --no-splash」を全部やってくれる

$ emacs --help

をしたところ、いくつか発見があったのでメモ

-Qを使えば、初期ファイル読み込み群は全部無視

--quick, -Q                 equivalent to:
                              -q --no-site-file --no-site-lisp --no-splash

なんでしょう、この強力すぎるオプション
コレを使えば相当タイプする量が減ります。
これをつけると、vim並みの起動速度です。*1

自動化の場合は、今まで通り別途batchオプションが必要です

--batchは最初から-qを含んでいる

--batch                     do not do interactive display; implies -q
You can generally also specify long option names with a single -; for
example, -batch as well as --batch.  You can use any unambiguous
abbreviation for a --option.

つまり、batchはハイフンが一個だろうが二個だろうが最初っから-qは含んでいたのですね...

*1:あくまで体感