Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

cutとrevの組み合わせで最後の要素だけ引っ張り出す

revは*NIX標準添付の、文字列をひっくり返すコマンドです

~$ echo http://s3.amazonaws.com/downloads.basho.com/stanchion/1.5/1.5.0/osx/10.8/stanchion-1.5.0-OSX-x86_64.tar.gz | rev

が、

zg.rat.46_68x-XSO-0.5.1-noihcnats/8.01/xso/0.5.1/5.1/noihcnats/moc.ohsab.sdaolnwod/moc.swanozama.3s//:ptth

となります。

ぶっちゃけ、使いどころないんじゃない?
などとタカをくくっていましたが、これとcutを使うとちょっと面白いことができます。

一度ひっくり返してcutで最初の要素(=元の文字列でいう最後の要素)を摘出、またひっくり返します。

$ echo http://s3.amazonaws.com/downloads.basho.com/stanchion/1.5/1.5.0/osx/10.8/stanchion-1.5.0-OSX-x86_64.tar.gz | rev | cut -d '/' -f1 | rev

すると、

stanchion-1.5.0-OSX-x86_64.tar.gz

と、お目当てのファイル名をゲットできます。
標準装備のコマンドだけで実行できるので、環境さえ同じなら再現性も高いです。

Grepつかえという声も聞こえてきますが、こっちのほうが素直に頭に入ってくるので好きです

追記

とか何とか言ってましたが結局書いちゃいました
shuzo-kino.hateblo.jp