読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

GO言語のtimeパッケージで分や時を設定する方法

GO言語のtimeパッケージで分や時を設定する方法
Duration関数で設定すると、ナノ秒ベースの数値がでます。
これに分や時の関数を掛けてあげる事で対応

実際のところ

package main

import (
	"fmt"
	"time"
)

func main() {
	value := 10
	fmt.Printf("%v\n", time.Duration(value))             // prints 10ns
	fmt.Printf("%v\n", time.Duration(value)*time.Second) // prints 10s
	fmt.Printf("%v\n", time.Duration(value)*time.Hour)   // prints 10h0m0s
	value = 2*60 + 24
	fmt.Printf("%v\n", time.Duration(value)*time.Minute) // prints 2h24m0s
}

実際やると、こんな塩梅に

$ go run main.go 
10ns
10s
10h0m0s
2h24m0s