Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

秋月電商ESP32-DevKitCでBLEの実験 その1:開発環境構築と接続先のスキャン

f:id:shuzo_kino:20180305101151j:plain
秋月公式より引用
github.com

実際のところ

環境

ライブラリの導入

Arduino IDE パッケージマネージャーで"ESP32_BLE_Arduino"をいれます。
この際、最新でなく0.4.2を入れて下さい。
執筆時点においては、バージョン0.4.2でないとマトモに動かないです
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shuzo_kino/20180302/20180302235200.png

ほかにも SimpleBLEというライブラリがありますが、サンプル事例があまり役に立たないので今回は対象外とします。

サンプル"BLE_scan"で接続先を探す

BLE_scanというサンプルを書き込み、
シリアルを読み込むとこんな感じで
接続可能なデバイスの一覧が出ます。

st:0x1 (POWERON_RESET),boot:0x13 (SPI_FAST_FLASH_BOOT)
configsip: 0, SPIWP:0xee
clk_drv:0x00,q_drv:0x00,d_drv:0x00,cs0_drv:0x00,hd_drv:0x00,wp_drv:0x00
mode:DIO, clock div:1
load:0x3fff0010,len:4
load:0x3fff0014,len:732
load:0x40078000,len:0
load:0x40078000,len:11572
entry 0x40078a14
Scanning...
Advertised Device: Name: , Address: aa:bb:cc:dd:ee:ff, manufacturer data: 000
Advertised Device: Name: , Address: aa:bb:cc:dd:ee:ff, manufacturer data: 000
Advertised Device: Name: , Address: aa:bb:cc:dd:ee:ff, manufacturer data: 000
Advertised Device: Name: , Address: aa:bb:cc:dd:ee:ff, manufacturer data: 000
E (148477) BT: btc_search_callback BLE observe complete. Num Resp 5

Devices found: 4
Scan done!

参考もと

akizukidenshi.com