Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

AVERAGEA関数

AVERAGEA関数は見たまんま平均系の関数ですが、ちょっと動きが異なります。

すこし面白い機能として……Trueの場合は1、Falseあるいは文字列の場合0としてカウントする機能があります
たとえばB2~B4にTrue二個、False一個があった場合、以下の関数は0.66...を返します。

=AVARAGEA(B2:B4)

AVERAGEA - Docs editors Help