AVERAGEA関数

AVERAGEA関数は見たまんま平均系の関数ですが、ちょっと動きが異なります。

すこし面白い機能として……Trueの場合は1、Falseあるいは文字列の場合0としてカウントする機能があります
たとえばB2~B4にTrue二個、False一個があった場合、以下の関数は0.66...を返します。

=AVARAGEA(B2:B4)

AVERAGEA - Docs editors Help