Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Iono PiのI/Oをいじる その3:RTCから時刻をとる/設定する

"RTC DS1307"という品種で、CR1220ボタン電池で2年維持できるそうです。
ちょっと違うけど、大体同じもの。
RasPi 3B+でi2c経由のRTCを使いたいなら、今回の手順は流用できるかもです。
www.switch-science.com

実際のところ

モジュールはi2c通信を使っています。
なので、まずraspi-configか手動でi2cを有効にします

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install i2c-tools

公式からダウンロード用shellを導入。

$ cd #{YOURDIR}
$ wget http://sferalabs.cc/files/strato/rtc-install
$ chmod 755 rtc-install
$ sudo ./rtc-install

終わったら、お好みでお片づけ。

$ rm rtc-install

設定を反映するため、リブートします。

$ sudo reboot

これで有効になっているはず。
読み出しは"-r"オプション

$ sudo hwclock -r 

現状の内部タイマーと同期させるには"-w"オプション

$ sudo hwclock -w