raspberryPi

デスクトップエントリーを使ってGUIを初期起動

shuzo-kino.hateblo.jp の追加の知見 実際のところ tkinterで動く、openCVアプリのGUI起動をやりたかったので書いてみました。 動作環境はRasPi3B+ですが、Zeroや4でも問題ないはずです。 pi@raspberrypi:~ $ cat /etc/xdg/autostart/guiStart.desktop [Desk…

Raspberry PiでCPU温度とかメモリ使用状況を確認する

Raspberry PiでCPU温度とかメモリ使用状況を確認する方法。 とくに、クッソ重い処理のデバッグなんかでは威力を発揮するかと。 実際のところ $ vcgencmd measure_temp temp=39.7'C 参考もと 28 Raspberry Pi Linux Commands: A Quick Guide to Use the Comma…

ネットワークインターフェイスを指定してCurlコマンドをつかう

RasPiに4GPIのような外向きネットワークと、開発用の社内ネットワークが混在しているようなケースで、 Curlで極力重い処理は社内ネットワークでやりたいってことがあるかと思います。 てかありました。そういう場合、Curlのinterfaceオプションをつかうと、…

使ってるPCのCPU情報を表示する

前回OS情報をみましたが、今度はCPU情報。 debian系ならprocフォルダの直下にcpuinfoというのがあります。 実際のところ $ cat /proc/cpuinfo processor : 0 model name : ARMv7 Processor rev 4 (v7l) BogoMIPS : 38.40 Features : half thumb fastmult vfp…

RasPiOSのdebianバージョンをみる

$ cat /etc/os-release PRETTY_NAME="Raspbian GNU/Linux 10 (buster)" NAME="Raspbian GNU/Linux" VERSION_ID="10" VERSION="10 (buster)" VERSION_CODENAME=buster ID=raspbian ID_LIKE=debian HOME_URL="http://www.raspbian.org/" SUPPORT_URL="http://w…

LXDE用に作ったRasPiのGUI初期起動がうまく動かない場合

別件で作ってたLXDE用につくったRasPiのGUI初期起動がうまく動かない場合、 XDGを経由すると使えるかもしれないというお話。 実際のところ ネットの情報から以下だと思ってましたが /home/pi/.config/lxsession/LXDE-pi/autostart デスクトップ環境が変わっ…

RasPi4BにWiringPiいれたのに”Oops - unable to determine board type... model: 17″とか言われたら

実際のところ とあるプロジェクト用の成果物を転用して、一応WiringPiも入れたところ……こんなエラーログが。 $ gpio readall Oops - unable to determine board type... model: 17そんな馬鹿なとみてみると、最新バージョンとか言い出す始末。 $ sudo apt in…

RaspiAPでRasPiをアクセスポイント化する

最近はESP32など小さくてもWiFiにつながる石が増えてきました。 標準サンプルでWiFi接続対応するようなのが出てるご時世ですが、必ずしもインターネットにつながる環境ばっかりじゃありません。今回私が直面したのは……まわりにWiFiがなく、RasPi 4はPoEでイ…

ImageMagickでバケツツールみたいなことをする。

お絵描きツールでいうところのバケツツールみたいなのができるというお話。 実際のところ 前の記事でマゼンタフィルタをしました。 この白領域はマゼンタ系という事なので、こいつを赤(RGBの)にぬりつぶしてみます。"floodfill"でポイントと、対象の色を指…

ImageMagickでCMYKの色分離をする

shuzo-kino.hateblo.jp で企んでいたことが目途がある程度たってきたので、メモ。ちょっと前にOpenCVでやってみましたが、 方向転換して伝統と実績のImageMagickをつかって、色判定をやっていこうと思います。まずは色分離から。 実際のところ 機体はRasPi 3…

シェルスクリプトの変数は持ち越されるので作り捨てでも名前は分けましょうという話

シェルスクリプトは書くの楽なので、私はついつい書き捨てのモンを量産してしまいます 今日、それぞれ別の件で作ったモンを一つのボードに入れたところ、なぜか動かず。 原因をしらべたところ、RasPiのボタン状況をとる変数が共通していていたのが原因でした…

Amazon Kinesis Video Streamsにアップロードする その1:環境の構築と反映。

以前の記事でOV5649とmjpg-streamerを使った配信をやってみました。 これだと機体に毎回接続しないといけないので負荷が大きいですし、保存も一苦労です。 そこで、AWS資源上にストリーミング環境つくって解析したり保存したりできるAmazon Kinesis Video St…

RasPiでデジタルフォトフレームっぽいものをimvでつくる

shuzo-kino.hateblo.jp の続き。 imvコマンドの自動送りをつかうと、デジタルフォトフレームめいたものが作成できます。 キーショートカットも設定できるので、やり方次第では展示会むけの簡易サイネージとしても使えるかも……??すくなくとも、まえ紹介した…

X Window利用の画像ビュワー imv

RasPiとカメラを組み合わせて使うアプリの開発中にいちいち絵をみるためにVNCをつかうのが馬鹿らしくなってきました。 でX window(X11)の画像ビュワーがないか探したところ……やはりありましたよ。 実際のところ $ sudo apt install imv起動はそれなりに時間…

RasPi 3B+ とOpenCVによる色範囲の抽出 その1:HSV色空間のフィルタツールをやってみる

Raspberry Pi 3B+ とWaveshare社OV5648USBカメラをつかって、 MaixBit + MaixPyでやっていた事を再現するという目標。 shuzo-kino.hateblo.jp 実際のところ 公式の閾値サンプルをもとに、一枚の画像の閾値を弄るサンプルとして改編。 import cv2 as cv max_v…

RasPiのVNCが接続できなくなった場合のメモ その2:画面解像度

raspi-configで高めな解像度にすると戻る事がある 実際のところ $ sudo raspi-config

debパッケージの依存関係を把握する。

aptでインストールできるツールは依存関係を自力で解決してくれますが、 以前紹介しteamviewerのようにdebパッケージ配布の場合は自力で解決しないといけません。 今回はその解決策について。 $ sudo dpkg -I teamviewer-host_armhf.deb new Debian package,…

TeamViewerをRaspberry Piにいれる。

ゲーム開発などでよく言われる通り、製品開発は一度モノが出来てから品質向上をしていくのが大変です。 近場でも結構大変ですが、これが遠方だと更に大変。 こういう時はTeamViewerが便利。 少ない手数で高機能なリモートデスクトップ環境を構築できます。 …

RasPiのVNCが接続できなくなった場合のメモ

SSHでは接続できるのにVNCが使えなくなっている場合 Timed out waiting for the response from the computer VNC自体が有効になっているか(何かのはずみでOFFとしていないとも限らない UFWの設定見直し(:1は5901) 画面表示そのものが無効になっている可能性

何らかの事情でapt install/upgradeを中断したとき

実際のところ $ sudo apt upgrade E: dpkg was interrupted, you must manually run 'sudo dpkg --configure -a' to correct the problem.dpkg を直接叩いてゴミを片付けないといけません。 $sudo dpkg --configure -a Setting up libmono-system-servicemod…

RasPiにCmakeをいれる

OpenCV等々のツールは各環境のビルト環境あわせのためCmakeを使ってることがあります。 デフォのRasPiには入っていないので、 /bin/sh: 1: cmake: not found make: *** [Makefile:18: all] Error 127エラーで怒られたりすることがありますが、入れれば問題あ…

【地獄のバッドノウハウ】シリアル通信でコマンド送るタイプの装置が急制動するような場合、「tail -f」で監視し続けると動くことがある

shuzo-kino.hateblo.jp でやった事ですが、今日周辺で似たことがあったので。シリアル通信でコマンド送るタイプの装置……たとえばシリアルサーボなんかがあります。 それまでArduino IDEやminicomではちゃんと動いてくれたのに、 echoで単発のコマンド叩いた…

monoをつかってRaspberryPiでC#プロジェクトをやる その2:GTK#でGUIやる

GTK#はその名の通り、GTKのC#実装です。 イマドキなWEBネイティブUIと比較するとどうしても……なところがありますが。 しかしIDEのような、割と高機能なものもGTK#製だったりするので侮れません。 www.monodevelop.com それほど重くなく世代を通じて*1直感…

monoをつかってRaspberryPiでC#プロジェクトをやる その1:環境構築

プロジェクトで組み込むべきソフトウェア資産として、C#製のモノがきました。 ……C#、ほぼ3年ぶりです。 今だから言いますが、あれは炎上案件でしたね……。 shuzo-kino.hateblo.jpさて気を取り直して。 今回のターゲットはWindowsではなくRaspberry Pi。 OSもC…

【読書メモ】IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ (CQ文庫)

IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ (CQ文庫)作者:小池 誠発売日: 2020/03/04メディア: 単行本CQ文庫の二発目。 名前の通り、農業にディープラーニングを適用しようというアレです。 ターゲットはRasPiとカメラなので、これまでと同じように使…

Waveshare社OV5648USBカメラをつかう その4:GPIOをトリガーにして撮影してみる

実際のところ BCM2とGNDにそれぞれ線をつなぐ。 操作スクリプトの”button.sh”はこんな塩梅。 #!/bin/bash while : do if [ $(gpio -g read 2) == 0 ]; then fswebcam -r 1920x1080 -S 12 -F 1 image/$(date -Iseconds).png fi printf "." sleep 0.5 doneこの…

Waveshare社OV5648USBカメラをつかう その3:fswebcamで静止画を撮影してみる

当初はraspisillを使おうと思ってましたが、RasPi公式の資料によるとfswebcamというのがいいみたい。 www.raspberrypi.org 実際のところ $ sudo apt install fswebcamユーザー名(今回はpi)をユーザーに登録 $ sudo usermod -a -G video pi$ fswebcam image…

Waveshare社OV5648USBカメラをつかう その2:v4l2でカメラ情報をみる

前回の記事で"/dev/video0"という名前でデバイスを認識したものの、このvideo0の正体が不明で色々調べていました。 debian系では外部カメラ用ユーティリティライブラリとしてvideo for linux 略してv4lというのがあり これを使えば中身を確認できるってわけ…

【自習メモ】maixPyのカメラみたいなことをRasPiでやるには……?

shuzo-kino.hateblo.jp シリーズの続きみたいな事。MaixPyは個人的に遊ぶのはいいのですが……画素数が限定されたたりカメラの選択肢が少ないようです。(調べた範囲では)ではとRasPiで置き換えを考えてみたものの、どうも確信がもてないので過程をメモしてい…

【読書メモ】ラズパイとカメラで自習機械学習

ラズパイとカメラで自習 機械学習 (CQ文庫)作者:佐藤 聖発売日: 2020/06/15メディア: 新書しらん内にCQ出版がCQ文庫ちうレーベルを出してました。 文庫いうて、新書サイズですが。肝心の内容は、さすがCQ出版(の記事をそのまま)だけあって、内容は確実。 …