Groveシステムのモジュールを使って楽にプロトタイピングする

GroveシステムはMaker系の人がプロトタイピングでよく使うコネクタ規格です。
wiki.seeedstudio.com



シンプルな4本線で「アナログ」「デジタル」「UART」「I2C」を扱うという豪快な仕様。
電源電圧や実際に繋ぐ種類はユーザーが判断しろって事のようです……俠気!

開発元のseedstudioから色々でており、温度センサーやカメラ、サーボモーターといった定番から
面白いとこだとRTCモジュールがあります。
wiki.seeedstudio.com


先述のようにmakerサイドからの支持が熱いようで最近ですとM5 Stackという格好いいガジェット*1もコネクタを持っていたり、
あるいはDobot Magician*2というロボットアームにも採用されていたりします。

*1:esp32内蔵、USB-Cコネクタ、ArduinoまたはmicroPythonで開発

*2:4軸でお手軽価格