Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

stringsコマンドで条件一致時のオフセット値も表示する

stringsコマンドで条件一致時のオフセット値も表示する場合”-o”オプションで数値がでてきます。
が……どういうわけか、デフォでは8進数です。

$ strings -o /usr/bin/make | head
   1070 /lib64/ld-linux-x86-64.so.2
   1533 ha@&M
   3732 =Yg-
   4117 }(>v
   4277 DuM&<:
   4362 OLCU0
   4435 ~hJ5
   4476 cK72
   4503 NfUa
   4541 u;}Y*2

"-t"で表示オプションを変えます。16進数ならx 

$ strings -o -t x /usr/bin/make | head
    238 /lib64/ld-linux-x86-64.so.2
    35b ha@&M
    7da =Yg-
    84f }(>v
    8bf DuM&<:
    8f2 OLCU0
    91d ~hJ5
    93e cK72
    943 NfUa
    961 u;}Y*2

10進数ならd。

$ strings -o -t d /usr/bin/make | head
    568 /lib64/ld-linux-x86-64.so.2
    859 ha@&M
   2010 =Yg-
   2127 }(>v
   2239 DuM&<:
   2290 OLCU0
   2333 ~hJ5
   2366 cK72
   2371 NfUa
   2401 u;}Y*2