読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

IMPORTHTML関数を使って、WEB上の表やリストからデータをインポートする

Google Docsに実装されているIMPORTHTML関数はWEB上の表やリストからデータをインポートする超絶便利関数です

実際の使い方

=IMPORTHTML(URL, クエリ, 番号)

です。URLには、プロトコルを含める……とあるので、もしかするとMQTTやらCoAPみたいなものに対応する日が来るかもしれませんね。胸熱。

利用上の注意

  • 展開先にほかのデータがあると展開がされないので注意してください。
  • 旧バージョンではシートにつき50回までの制限があります

表からデータをとる

たとえば、Wikipediaにあるインドの人口に関する記事のうち、「州毎の人口動態」からデータを引っ張りたい場合を考えます。
当該情報は、HTMLページのうち上から4番目の

タグであることが確認できるため

=IMPORTHTML("http://en.wikipedia.org/wiki/Demographics_of_India","table",4)

とします。初回読み出しの際は若干のロード時間を経た上で

Rank	State / Union Territory	Type	Population	%[24]	Area (km²)[25]	Density (per km²)	Males	Females	Sex Ratio[26]	Literacy	Rural Population[27]	Urban Population[27]
1	Uttar Pradesh	State	199,812,341	16.5	240,928	828	104,480,510	95,331,831	912	67.68	131,658,339	34,539,582
2	Maharashtra	State	121,455,333	9.28	307,713	365	58,243,056	54,131,277	929	82.34	55,777,647	41,100,980
3	Bihar	State	103,804,637	8.6	94,163	1,102	54,278,157	49,821,295	918	61.8	74,316,709	8,681,800
...

と、目当ての数値が入力されます。

リストからデータをとる

同様に、リストからもゲットできます。
インドに売れる売れないと話題になっている救難飛行艇「US-2」の性能緒言は

=IMPORTHTML("http://ja.wikipedia.org/wiki/US-2_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)","list",9)

からゲットできます。

乗員 - 11名
全長 - 33.25m
全幅 - 33.15m
全高 - 10.06m
最大離着陸重量 - 47.7t
最大離着水重量 - 43.0t
エンジン - ロールスロイス AE2100J ターボプロップ×4
出力 - 4,591shp×4
境界層制御 - LHTEC T800を使用
最大速度 - 315kt(約580km/h)
巡航速度 - 260kt(約470km/h)
航続距離 - 4,700km(約2,500海里)
巡航高度 - 20,000ft(約6,100m)以上
実用上昇限度 - 30,000ft(約9,150m)以上(未公表)
離水滑走距離 - 280m(43t時)
着水滑走距離 - 310m(43t時)

参考もと

補足

IMPORTXML - Docs editors Help
よりXMLCSV、HTMLの他のタグを扱いたい場合はIMPORTXML関数があります。
記事化しました