Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

GASでDocsのレポートを作りメールでURLをおくる

実際のところ

やりたい事はほぼそのまんま公式にありました。

function createAndSendDocument() {

  //新規にDocsファイル作成
  var doc = DocumentApp.create('Hello, world!');
  
  //タイムスタンプ用に時間を取得
  var date = new Date(); 
  
  //本文を追加
  doc.getBody().appendParagraph('This document was created by Google Apps Script.'); 
  doc.getBody().appendParagraph(date);

  
  /*ここからメール送信用意*/
  //DocsファイルのURL
  var url = doc.getUrl();

  //メアド。今ログインしているユーザ名で、自分におくりつける
  var email = Session.getActiveUser().getEmail();
  //タイトル
  var subject = doc.getName();
  //本文
  var body = 'Link to your doc: ' + url;
  //メール送信  

  GmailApp.sendEmail(email, subject, body);
}

実行するとDocsへのアクセスとメールの許可画面がでるので、よければ承認。
f:id:shuzo_kino:20180711232936p:plain
こんなメールがくるので、本文のURLをみると……。
f:id:shuzo_kino:20180711232946p:plain


生成されたDocsファイルが確認できます。
f:id:shuzo_kino:20180711233036p:plain

これを基礎に画像を仕込んだり