読書メモ「強いチームはオフィスを捨てる」

読書メモ「強いチームはオフィスを捨てる」

概要

Ruby on Railsやベースキャンプで有名な37signalsの最新刊。
今度はリモートワークのやり方と実践の本です。
カフェでお仕事等々、パッと見ノマド勢も使えそうなネタが散見されますが
本質はチームから見たリモートワークのお話です。

個人的オススメ

何を捨て、何を取るか

リモートワークにおける欠点について述べた節です。
何事もトレードオフなのですね。

大切なのは、いいところを楽しみつつ、悪いところのダメージを減らしていくことだ。

とあるように、以降の節でこの欠点を解消する方法について解説されてます。

同じ画面をみつめる

顔のみでなく、作業中の画面を可視化する。
入力するコマンドや画面レイアウトも、
動かしながら説明すると楽チンですよね。
機能デモもスクリーンキャストでやった方が効果的です。

オープンソースから学ぼう

ソフトウェアエンジニアらしい切り口です。
素敵な仕事、公開された情報...と良く聞かれる利点に加えて、
カンファレンスの話にも言及しています。
顔合わせて話し合いするという事、決して軽く見て良い話じゃないですね(戒め

まとめ

僕らもリモートワーク的な事をやってます。
Youroomで議論をログとして残したり、Bitbucketでソースコードを共有したりとか。
この本から画面共有の有用性を学べたので、調べてみます。

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」