CODESYSでPOUを扱う

POUをつかうと、ある程度の意味合い……たとえば、原点合わせだとかセンサー補正だといった意味合いで
実装を切り分けることができます。
普通のプログラミング言語でいう関数みたいなものですね。

www.youtube.com

参考もと

www.fa.omron.co.jp