Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

uLispでSDカードをつかう その2:読み込みとeval

実際のところ

読み込み自体は、I2C等他のインターフェースと同様、
read関数で読み込み可能です。

ここで、SDカード内に以下のような単純なS式を内包した
"automode.ulisp"というファイルを用意します。

(+ 1 2)

こいつを読み込んで、evalする自作のload関数というのを作ってやると……??

(defun load (filename)
  (with-sd-card (s filename)
    (eval (read s))))
;; (load)

(load "automode.ulisp")
;; 3