Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

OpenLogで手間なくロギングを行う

F9Pと同様、QWIICシステムをつかいます。
f:id:shuzo_kino:20200602235221p:plain
公式より引用

実際のところ

試してみる

簡易的に、ディレクトリ直下のAppendMe,txtに値を書いてみます。

#include <Wire.h>
#include "SparkFun_Qwiic_OpenLog_Arduino_Library.h"
OpenLog myLog; //Create instance


const byte OpenLogAddress = 42; //Default Qwiic OpenLog I2C address

void setup()
{
  Wire.begin();
  myLog.begin(); //Open connection to OpenLog (no pun intended)

  Serial.begin(9600); //9600bps is used for debug statements
  Serial.println("12,");
  myLog.println("24");
  myLog.syncFile();

  Serial.println("Done!");
}

void loop()
{

}

上記のスクリプトを書き込み、起動後リセットボタンを一回おして、合計二回書き込まれるようにします。
すると……?

SDカードを移し替えてファイルをみると……

$ cat appendMe.txt
12,24
$

参考もと

github.com