bashで少しだけ違うコマンドを楽に入力する

実際のところ

こんなコマンドがあるとします。

$ echo some
some

これの入力を"Rome"にしたいなら、こんな記法で臨みの結果が得られます。

$ !!:s/s/R/ 2>/dev/null
echo some
Rome

デフォだとhistroy番号から実行するやつ(!NUM)と同じようにエラー出力に実行するスクリプトがでてくるので、
気に食わないときはnullに捨ててもいいでしょう。

$ !!:s/s/R/ 2>/dev/null
Rome

履歴には返還後のがのこる

$ history | tail -3
  661 echo some
  662 echo Rome
  663 history | tail -3