読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

LokkaがI18n::MissingTranslationDataを吐いて動かない(2013年5月10日時点)

注意! この記事は2013年5月10日時点での情報です。
バージョンアップによって改善される可能性が高い話です。

Lokkaという便利なRubyCMSがあるのですが
git から引っ張って来て動かした所

I18n::MissingTranslationData at /
translation missing: ja.time.formats.long
file: i18n.rb location: handle_exception line: 288


などとエラーを吐いて最初の画面にすら移動できない事態が。
ログから察するに時間フォーマットを変換できてない……というトコロは推測できたのですが
如何せんI18nを使った事が無いためどこを弄れば良いのか検討もつきません。

gem which lokka

としようにも、そもそもgemじゃないので参照もできないし(

結局その日はどうにもならず、フテ寝してしまいました。
翌日検索ワードを工夫したところ、下記情報を発見!


あ、ありがてぇ……ありがてぇ

ツイートに従い、ja.ymlの末尾に以下の文を追加

time:
formats:
long: "%Y年%m月%d日"

=>(5/11 14:35 修正)

bundle exec rackup

で動かしたところ……

動きました!! ヤッター!!

(注意)
末尾に追加する文を

ja:
time:
formats:
long: "%Y年%m月%d日"

にすると、全体的に”translation missing: ja.foobar"のような表記がチラホラと。
ja.ymlは後ろから構文を解決するようです。
そのまんまja: ...とすると、この文のみ読み込んであとは動いてくれません。要注意