Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

brew editはどこを見ているのか知る

brew editはRubyで記述されたインストール手法を編集することが出来るコマンドです。
単に確認したいだけであればbrew catという奴もあります。

また、

$ brew log #{アプリ名}

とやれば、Gitで管理されたアプリの編集ログを見ることもできます。

log [git-log-options] formula ...
Show the git log for the given formulae. Options that git-log(1) recognizes can be passed before the formula list.

とあるので、git logのオプションを一通り使えます。

というわけで

$ git log -p #{アプリ名}

とやれば馴染みの差分画面が出て来ます。

commit 7ee9a4b882e621934b4c07397b29d040e09c7e8f
Author: shuzo_kino <hogehoge@gmail.com>
Date:   Sat May 10 23:19:56 2014 +0900

    re-rewrite url for imagemagick

diff --git a/Library/Formula/imagemagick.rb b/Library/Formula/imagemagick.rb
index d16b79d..d5e1592 100644
--- a/Library/Formula/imagemagick.rb
+++ b/Library/Formula/imagemagick.rb
@@ -6,8 +6,6 @@ class Imagemagick < Formula
   # upstream's stable tarballs tend to disappear, so we provide our own mirror
   # Tarball and checksum from: http://www.imagemagick.org/download
   url 'ftp://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/ImageMagick-6.8.9-1.tar.bz2'
-  #url 'https://downloads.sf.net/project/machomebrew/mirror/ImageMagick-6.8.8-9.tar.bz2'
-  #sha256 'e777ba7d170e940fa60c45fd110720b190acd124880399d3811dc0c528172de8'
 
   head 'https://www.imagemagick.org/subversion/ImageMagick/trunk',
     :using => UnsafeSubversionDownloadStrategy

ファイルの場所は
/usr/local/Library/Formula
です。
homebrewで導入されたコマンドは基本、ここに置かれます。