Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

「水銀に関する水俣条約」により、体育館や街路樹で多用されている水銀灯は原則2020年で製造停止

水銀に関する水俣条約」は、日本が主導した環境に関する合意です。
名前の通り、水銀の利用を制限する類の条約です。

その中で、

電池、スイッチ・リレー、一定含有量以上の一般照明用蛍光ラン
プ、石鹸、化粧品、殺虫剤、血圧計、体温計などの水銀含有製品
(附属書A、一部例外あり)について、2020年までに製造、輸出、
輸入を原則禁止。(年限については、第6条に基づき、国によって
必要な場合、最大10年間まで延長可)

という条文があります。
簡単に言えば、水銀を含んだ製品は製造できなくなるわけです。
これは交換用の電灯も対象内なので、最近LED化がやたらと倍プッシュされているわけです。
今は電気代がどうのこうの…という売り文句ですが。

現状普及しているLEDは色特性があまり宜しくない事が知られています。
今後改良が進むでしょうが、
商売の性質上リプレイスが難しい事業者もいます。
実際、一度大規模にLEDを導入したものの色特性の問題で再度置き換えをした事業者…なんてのもいいるそうです。

商売の話

期限に合わせて色々プロジェクトが動く事が予想されます。
今から情報収集をすればビッグウェーブに一枚噛む事ができる可能性が微レ存…?

NHK時論公論でも取り上げられてました

www.nhk.or.jp
現状では回収してリサイクルしてるそうですが……コレの行先はどうなるんだって課題は残っているそうです。
また、廃棄コストが上がれば不法投棄リスクも高まる懸念があるとか。