読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」は無駄に格好良くて実用的

経営

地域経済分析システム(RESAS(リーサス))は内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が提供する
脅威のビッグデータ解析アプリです。

実際のところ

外見

トップページからしてなんか花火が散ってます。
f:id:shuzo_kino:20151212233452p:plain
トップページ - RESAS 地域経済分析システム
これは
Normalize.css: Make browsers render all elements more consistently.
という今時なCSSフレームワークを採用しているとのこと。


……その弊害で田舎の役場では「環境が古すぎて動作しない」とかいう笑えない弊害もあるようですが。
期待されている反面、肝心の地域創生の現場にはマダマダ根付いていない様子。

できる事

某信用金庫の方曰く「20−30分遊ぶにはモッテコイ」。

その分、使いこなすにはチョット訓練が必要です。

使い方が分かると、

  • A市は都市型農業で農協の依存度が極めて低い事から、ネット通販の推進策が有効である可能性がある
  • B市は北側と南側で住民層が異なり、土日の人の流れが東西真逆なので道路・公共交通計画もそのように
  • C村は人口の割に起業が活発なので、似た人口構成のD町の改革のモデルケースとして採用できる

なんて解析まで出来てしまいます。
その手の分析系コンサルさんが「商売敵」と呼ぶレベルなので相当なことができます。

提供データは結構幅広い

おおな区分として

  • 農業*1
  • 産業
  • 観光
  • 人口動態

というデータを提供します。
お役所が提供するんだから公的情報だけだろう……と思ったら、大間違い。
役所レベルの管理権限では

  • Docomo/Softbank基地局情報を元にした住民の移動情報
  • クレジットカードの国番号*2を基礎にした「購買者の出身国」<次期バージョンで実装>

などと「それ大丈夫なんですかね……」というキワドイ内容も扱っています。
開発には帝国データバンクが絡んでいる模様。

(追記)大手のCB系ニュースサイトに特集がでてました

www.nikkeibp.co.jp

www.nikkeibp.co.jp

*1:林業、漁業は次期バージョンで実装

*2:アタマの4桁