Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Ubuntu18上でmbed開発 その1:開発環境編

mbedはARM系ボードの開発環境です。
Arduinoと比較して高機能かつ本体に潜った書き方ができます。
ユーザー層もややプロ/研究者よりのため、公式フォーラムがそのまんまトラブルシュートに使えたりします。
さらに、登録ユーザー自身が公式に色々技術投稿できる仕組みもあるので、突っ込んだ実装をするならかなり便利です。
今回は、このmbedについて以前紹介したstm32系激安ボード RobotDyn STM32F103 Dev.Board をつかった開発環境の構築をやっていこうと思います。

実際のところ

公式にいきます。
まずは右上の人型マークをクリック
f:id:shuzo_kino:20181012003727p:plain
すると、ログイン/サインインの画面が。
今回は初回なのでサインインですね。
f:id:shuzo_kino:20181012003734p:plain
英語ですが各種ユーザ情報フォームがでてきます。
メールの認証もありますが、一応なくても先には進めます。
メールのそのもの結構届くの時間かかる*1ので注意してください。
私は短期なので3回resendやるハメになりました……。
f:id:shuzo_kino:20181012003749p:plain
無事登録完了したら、右上の黄色い「compile」をクリック
f:id:shuzo_kino:20181012004308p:plain
すると、mbedのウリのひとつ、Web IDEがでてきます
f:id:shuzo_kino:20181012004229p:plain
早速 新規作成しようとすると……ボードがないとか言われますね
f:id:shuzo_kino:20181012004413p:plain
指示にしたがって、ボードの種類をみに行きます。
今回は以前の記事で紹介したRobotDyn STM32F103 Dev.Boardでやります。
現状では直接該当するものがないので、Nucreo F103RBを選択
f:id:shuzo_kino:20181012004616p:plain
下にスクロールすると、途中に「Add Board」とあるのでこいつをクリック
f:id:shuzo_kino:20181012004643p:plain
成功すれば、うえの方にバッヂがでます
f:id:shuzo_kino:20181012004715p:plain
改めてWeb IDEをリロードし新規を選択すると……Nucreo F103RBの設定がでてきましたね
最初という事で、デフォのLチカいってみましょう
f:id:shuzo_kino:20181012005221p:plain
開くとこんな感じ
f:id:shuzo_kino:20181012005547p:plain
ArduinoよりはC++よりな書き方ができます。
f:id:shuzo_kino:20181012005822p:plain
mbedのリファレンスも内蔵されており、
たとえばDigitalInをみると仕様やリファレンス実装まで載っています。
f:id:shuzo_kino:20181012005923p:plain

*1:15分程?