sortコマンドの"-k"オプションで降順にしたり数値順にしたりする

sortコマンドの"-k"オプションではソート方法について指定ができます。
加えて、数珠繋ぎにできるので複雑なソートも可能です。

実際のところ

3番めのキーで昇順にソート、次いで1番目のキーを降順にソートという処理は以下の通り。

$ sort -t , -k 3 -k 1r  data.csv 
hello,2,a
bar,3,a
yeah,0,b
foo,1,c