Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

skechfabをつかって、自前モデルをWEBページに埋め込む

sketchfab.com

f:id:shuzo_kino:20180319203353p:plain
Blender製でも、Fusion360でもOK。
今回は".blend"でアップロードしてみます

ログイン後、ページ右上の"Upload"ボタンをおすと
モデル投入画面が
zipのような圧縮形式でもいいみたいですね
f:id:shuzo_kino:20180319213152p:plain
ファイルを投げると、プログレスバーと一緒に
コメントやタグ付けができる画面に移ります
今回のモデルは20Mbyteちかくありましたが、サクサクいきました
f:id:shuzo_kino:20180319213156p:plain

無事おわると、こんな感じのペーじになります
f:id:shuzo_kino:20180319213216p:plain

埋め込みをみてみる

ページのモデル下方に「」みたいなマークの埋め込みタグボタンがあります
f:id:shuzo_kino:20180319213248p:plain
クリックすると、埋め込み用の設定項目がついたミニページが
f:id:shuzo_kino:20180319213302p:plain

コードをコピペすると、
ご覧のようにHTMLタグとしてレンダーされます