subprocessライブラリのrun

3.5系から実装が整理され
call三兄弟*1がrunで置き換えできるようになった様子。

実際のところ

今書いてまs

コンテンツ
 PIPEの扱いは?
 三兄弟との対応関係は??

*1:いま勝手に命名