Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

PythonでAWS IoT をつかう その2:DynamoDBにアップロードする

前回の続き。
AWS IoTだけでは機能しないので、AWSサービスの一つであるDynamoDBにアップロードを試みてみます。

記述増強中...

実際のところ

f:id:shuzo_kino:20200318022008p:plain


f:id:shuzo_kino:20200318022040p:plain

f:id:shuzo_kino:20200318022105p:plain

f:id:shuzo_kino:20200318022209p:plain

「新しいリソース」を選択すると、DynamoDBのページに飛びます。
f:id:shuzo_kino:20200318022225p:plain

ソートキーは任意っぽい感じで書かれてますが、
半端な理解で略すよりは書いた方が良さそうです。
f:id:shuzo_kino:20200318022334p:plain

テスト機能で投稿をためす

トピック名は
f:id:shuzo_kino:20200318022438p:plain

テスト機能ページはこんな画面。
ここに、先ほどゲットしたトピック名を記入します。
f:id:shuzo_kino:20200318022836p:plain

DynamoDBの中身をみると、
f:id:shuzo_kino:20200318022859p:plain


client IDをbasicPubSub、
topicをsdk/test/Pythonにするという恥も外聞もない方法で接続を確認

感想

下調べも早々にDynamoDBの構築に挑戦したわけですsが、初見には厳しすぎましたね……。