Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Virtual Boxをshellから起こす

GenymotionもShellから起こせるので出来るとは思ってましたが……
実際やれると感動ものですね
Mac OS X版の場所は、標準通りのインストール法なら以下の通りです。

$ which VBoxManage
/usr/bin/VBoxManage

いざ実行してみると

$ VBoxManage
Oracle VM VirtualBox Command Line Management Interface Version 4.2.16
(C) 2005-2013 Oracle Corporation
All rights reserved.

Usage:

  VBoxManage [<general option>] <command>
 
 
General Options:
 
  [-v|--version]            print version number and exit
  [-q|--nologo]             suppress the logo
  [--settingspw <pw>]       provide the settings password
  [--settingspwfile <file>] provide a file containing the settings password
 
 
Commands:
 (以下、長いので略)

と、まぁ色々なオプションがあります。

以下、よく使うもの

$ VBoxManage list vms

導入されているゲストOSのリスト

$ VBoxManage list runningvms

動いているゲストOS一覧

$ VBoxManage startvm "OSname" -type vrdp

ゲストOSをGUIなしで起動。
起動が終了次第、プロセスが閉じてくれるので&をつけなくても安心。

$ VBoxManage startvm "OSname"

ゲストOSをGUIありで起動

$ VBoxManage controlvm "OSname" {option}

optionには

  • pause
  • resume
  • reset
  • poweroff
  • savestate
  • acpipowerbutton
  • acpisleepbutton

があります。
それぞれ、GUI版のそれと対応しています。
実際には、以下のような感じでつかいます。

$ VBoxManage controlvm "androVM_vbox86t_4.1.1_r6.1-20130222" poweroff
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%

進捗を表示してくれるのがありがたいですね。

$ VBoxManage.exe snapshot "Ubuntu" take "snap01"

スナップショット(=OSのバックアップ)をとります。
これも進捗がでます。