Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

PiCameraとwiringpiの組み合わせでやっつけデジカメをつくる

今回の記事では以下の組み合わせを使ってやっつけデジカメを作ります。

実際のところ

まずはwiringpi自体を導入

$ sudo apt-get install wiringpi

次に、pipでpython用ライブラリを入手。
今回はRasPiで、かつPython3なのでpip3経由

$ sudo pip3 install wiringpi

ハード

以下の図の5V,Gnd,22番を使用
f:id:shuzo_kino:20160805202729p:plain
公式ページより引用

外観はこんな感じ。

スクリプト

以前紹介した記事をベースに接続

import wiringpi as pi
from time import sleep
from picamera import PiCamera

button_pin = 22
pi.wiringPiSetup()
pi.pinMode(button,1) # 1は入力

while True
  if( pi.digitalRead(button_pin) == 1):
     with PiCamera() as cam:
       cam.resolution = (1024, 768)
       cam.start_preview()
       sleep(2)
    cam.capture('/home/pi/img/img.jpg')
    print("Got a photo!")