読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

macOS上のVirtualBOXにWindows 10 Homeを叩き込む

ゲームは大抵Windows優勢ですね。
最近は絵描きツールもWinが多くなって妙な気分になります。

今回はOS X上のVirtualBOXWindows 10 Homeを叩き込む方法です。

実際のところ

環境

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
  • maxOS 10.12.4(16E195)
  • Win10_1703_Japanese_x64.iso

作業

まず、Win10本体。
ダウンロード版、USB版、DVD版の3種があるそうです。
今回は物理媒体不要なので、ダウンロード版で。
Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
執筆時点ではCreative updateの無印を入れると「Win10_1703_Japanese_x64.iso」というものが入ってきました。
確認画面でプロダクトIDが表示されるので、メモするなりコピーするなりしておきます。f:id:shuzo_kino:20170503193607p:plain

いつものVirtualBox
f:id:shuzo_kino:20170503193618p:plain
OSの設定。Windows10 64bitですね
f:id:shuzo_kino:20170503193635p:plain
メモリはメインOSに支障のない範囲の設定にしておきます
f:id:shuzo_kino:20170503193658p:plain
仮想ハードを設定
f:id:shuzo_kino:20170503193728p:plain
形式はVDIでOK
f:id:shuzo_kino:20170503193751p:plain
可変固定は好みで。私は容量が心許ないので可変……
f:id:shuzo_kino:20170503193811p:plain
最大のディスクサイズを指定。
キャプチャでは10Gとかなってますが、
デフォでは32GByteなので、従っておきましょう。
f:id:shuzo_kino:20170503193842p:plain
はい、無事に登録されました。
早速、緑矢印の「起動(T)」を押します。
f:id:shuzo_kino:20170503193914p:plain
デフォでは何も読み込まれていないので、
先程導入したWin10のisoファイルを指定します。
f:id:shuzo_kino:20170503194000p:plain
一寸待つと導入画面が。
これが表示されない場合、何かがオカシイです。
f:id:shuzo_kino:20170503194036p:plain
二つありますが、今回は新規なので下の「カスタム」を選択
f:id:shuzo_kino:20170503194159p:plain
気をつけるコトはそれくらいで、
あとは質問に回答をしてればそのうち終わります。
f:id:shuzo_kino:20170503194911p:plain

Win10のインストール画面が表示されないとき

  • VirtualBoxを最新にする(私はこれで何とかなりました)
  • 容量・性能が不足している
  • 正規版じゃない(自首して下さい)

参考もと

pc-karuma.net
qiita.com