Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

剛性グループで別々のコンポネントを一括で移動できるようにする

剛性グループを指定すると、別々のコンポネントを一括で移動できるようになります。
装飾のようなものから、一時的に同一で動かしたいようなモノまで色々と利用できます。

実際のところ

こんなの構成だったとします。
f:id:shuzo_kino:20170903001657p:plain
アセンブリの剛体グループを選びます
f:id:shuzo_kino:20170903001745p:plain
例のごとく、オブジェクトを選択する形式です。
f:id:shuzo_kino:20170903001757p:plain

アニメーションの違い

ジョイントのアニメーションだと、旋回部だけ動きますが
f:id:shuzo_kino:20170903001459p:plain
モデルのアニメーションでは剛体モデルごと動きます
f:id:shuzo_kino:20170903001434p:plain

剛体の削除

ジョイントの項目に剛体モデルが表示されてます。
こいつを消してあげれば良いのです。
f:id:shuzo_kino:20170903001637p:plain

剛体の抑制

アニメーションの例のように、剛体を指定すると一緒に動きます。
一時的に関係を切りたい場合、「抑制」をつかいます。
f:id:shuzo_kino:20170903004209p:plain
設定が済めば、グレーアウトします。
復旧する時も同じ手順です。
f:id:shuzo_kino:20170903004214p:plain